石坂線21駅の顔づくりグループブログ

毎日見慣れた駅や電車が人々に新鮮な驚きを与える舞台に変身!新たな鉄道の可能性、魅 力を発掘することで楽しいまちに!

RSS     Archives
 

キャンバスが電車の窓

 
電車の窓に絵を描きたい!
作業風景1

今年も開催します「石坂線みんなde文化祭」(主催:大津の京阪電車を愛する会) 
11月5日から京阪石坂線で 学生たち(中高大)の描いた絵や書、写真などを載せて
電車が走ります。

それに向けて
「学校の垣根を越えて 沿線で通学する学生たち」が参加するワークショップを
せみ時雨の樹木に囲まれた 長等創作展示館捜索展示館
で行いました。
花王・コミュニティ・ミュージアム助成事業

企画したのは
成安造形大学の学生です。

テーマは「学校」
中学生や大学生が、教科書やテスト用紙などを参考資料にもち込み
学校にちなんだ作品を制作しました。

小学校の「うさぎ当番」
ウサギ当番 のコピー

中学生は英単語や 歴史の教科書から元号を列挙
中学生

この企画は
2005年に「石坂線文化祭」が始まるきっかけとなった
沿線にある高校の「書道部」が
電車で何がやりたい? という問いに

「電車に字を書きたい!」と声を合わせて答えてくれたこととつながっています。

スポンサーサイト

Comment


    
プロフィール

いしざかせん

Author:いしざかせん
毎日見慣れた駅や電車が人々に新鮮な驚きを与える舞台に変身!新たな鉄道の可能性、魅 力を発掘することで楽しいまちに。市民の生活に密着し た公共交通がもつ力を活用し、文化の発信や地域・世代間の交流を図ることで、沿線の活性化、人々のまちづくりへの関 心を喚び起こす試みです。



最新コメント


最新トラックバック

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

訪問者