石坂線21駅の顔づくりグループブログ

毎日見慣れた駅や電車が人々に新鮮な驚きを与える舞台に変身!新たな鉄道の可能性、魅 力を発掘することで楽しいまちに!

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012青春メッセージ 受賞者が決まりました

 
募集しておりました
「電車と青春 21文字のメッセージ 2012」
入賞作品が決まりました。

3月4日(日)~4月1日(日)
作品を電車に載せて琵琶湖畔を
「石坂青春号」が京阪電車石山坂本線を走ります。

作品集は3月15日 サンライズ出版から発行(予定)

最優秀作品…石坂洋次郎青春賞
  <久しぶりと声がする。車掌さんは初恋の人。>
                                中川 栄美さん (愛知県)
俵万智さん評:車掌さんと乗客。長い時の流れのなかで、変わるものと変わらないものとか表現されていて、とても印象深い作品でした。覚えていてくれたということは、車掌さんにとっても、作者は記憶に残る人だったのでしょう。

●優秀作品…初恋賞 
  <降りる駅ひとつ伸ばし、初めて見る恋の景色>
                                川島 裕子さん (徳島県)

●優秀作品…さわやか賞 
  <一両目から「おはよう」のメール来る>
                                岡田 弘子さん (神奈川県)  

●優秀作品…MAKE YOUR SMILE!賞
  <会えば♯(シャープ)会えなきゃ♭(フラット)胸の音符は揺れ続け>
                                海野 兼夫さん (埼玉県)
 

◎俵万智さん 講評
駅や電車というのは、古今東西の 映画や小説でも、重要な舞台となっています。人と人とが出会い、別れ、また出発し、帰ってくるところ。特にふるさとの駅は、時間の流れをこえて、人々の心 のよりどころとなっているのだなあと、みなさんの作品を読みながら感じました。せつない恋や、なつかしい思い出を乗せて、今日も電車は走っていることでしょう。

スポンサーサイト

Comment


    
プロフィール

いしざかせん

Author:いしざかせん
毎日見慣れた駅や電車が人々に新鮮な驚きを与える舞台に変身!新たな鉄道の可能性、魅 力を発掘することで楽しいまちに。市民の生活に密着し た公共交通がもつ力を活用し、文化の発信や地域・世代間の交流を図ることで、沿線の活性化、人々のまちづくりへの関 心を喚び起こす試みです。



最新コメント


最新トラックバック

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

訪問者



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。